記事一覧

旅ブログ小休止-43 「薄墨書に魅了されて」

道立近代美術館で開催されている「天彗社展」を再度ブログに取り上げました。

出展されたご本人さま了解のもと、写真を掲載させていただきました。

ほんとに素晴らしい薄墨書を拝見でき、私のことのように嬉しく、

いつも眺められるので嬉しいです。Mさまお許しいただきありがとうございます。

20171027DSC08355.jpg

ドウダンツツジの赤が映えて、美術館の白壁も一段と対照的に美しかったです。

20171027DSC08359_20171029081402475.jpg

小学生が美術鑑賞に入館するところ、可愛い子らの芸術の芽が育つことを願います。

20171027DSC08360.jpg

20171027sDSC08375.jpg

  「いくつもの月夜の峯を越えた遠くでは風のやうに峡流も鳴る」 (宮沢賢治の詩)

20171027ssDSC08376.jpg

20171027ssDSC08377.jpg

20171027DSC08365.jpg

↑ 最後に気になる書体、書も自由でいいのですね。印象的でした。

20171027DSC06345.jpg




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ooruri

Author:ooruri
幸運が舞い降りたようにオオルリが
玄関先にチョコンと・・・。
歳を重ねると下を見て歩きがち,
七色の雲(彩雲)を求め、
高い空を見上げ探したいのです。

カテゴリ