記事一覧

旅ブログ小休止ー37 「歩こう会 in 小樽」


15日肌寒い日、寒風をもろともせずお元気なシニア歩こう会のメンバーは

小樽の街を散策しました。

20171015DSC08014.jpg

まずはすでに廃線になった旧手宮線跡へ向かいました。

旧国鉄手宮線は幌内鉄道の一部として、明治13年に小樽・手宮〜札幌を結ぶ

北海道で最初の鉄道として開通し、北海道開拓に重要な役割を担っていましたが、

昭和60年に廃線となりました。

20171015DSC08027.jpg

20171015DSC08033.jpg

20171015DSC08036.jpg

運河沿いを散策。

20171015DSC08037.jpg

船に青の洞窟の文字小樽にも、さらに道内には3ヶ所も名所があることを初めて知りました。

20171015青の洞窟

20171015DSC08041.jpg

20171015DSC08043.jpg

20171015DSC08044.jpg

昔のまま蔵を保存保持しているお仲間にご案内いただき、蔵の中にも入り説明を受けました。

懐かしい茶箱がたくさん残されており、先々代が明治37年、和紙とお茶を商売として

保存のため建設、この蔵は小樽歴史建造物15号に指定されているそうです。

また本州でしか見られない「うだつ」しかも絵画が彫刻されており、

当時の繁栄を物語っておりました。(他屋のうだつには彫刻のないものもありました)

古い住宅はそのまま生かし、今は他人さまに渡ったものの、ノスタルジックな雰囲気を生かし、

ぬくもりのある商品が販売されており、観光客の心を引きつけているお店になっておりました。

天井の梁などは全て欅で作られ懐かしい一枚板など、古時計もそのまま

当時の栄華を彷彿とさせるものでした。

20171015sDSC08052_20171017130212ea0.jpg

20171015DSC08046.jpg

20171015DSC08060.jpg

20171015DSC08059.jpg20171015DSC08064.jpg

20171015sDSC08057_20171017130214b58.jpg

20171015DSC08061.jpg

小樽は人力車も名物の1つです。

20171015DSC08065.jpg

20171015DSC08067.jpg

おやおや、なんと今はやりの漫画チックなコスチュームで次から次とドラバー走行の列。

小樽の繁華街をひとめをひくように走行、今風を感じました。

お仲間数人と寿司屋の暖簾をくぐり、美味しいお寿司を食べながら

長話も弾みのんびり身体を休めました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


20171015DSC08081.jpg

その後、JR列車で札幌へ一路。いつもの駅で下車、なんと大勢の人だかり、なんだろうと外に出ると

遊説演説、それは安倍晋三総理。なんと駅前広場はあふれんばかりの人混みでした。

人をかき分けかき分けやっとバス停留場へ。

札幌中心から離れた地区にも足を運ぶとは・・・ラッキー、ミーハー気分で写真を撮影。

人の頭とスマホの波、そして報道カメラマン。

20171015DSC08091.jpg


20171015sDSC08083.jpg

(この日の歩数は15,301歩)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


20171016DSC08098 - コピー

16日はお茶菓子をいただきながら和やかにPC絵画の鑑賞会、

先日の文化祭出展作品の講評をいただきました。

皆さん、力作が多く学習の成果が現れており、私も次作への励みになりました。

(この日の歩数は9,270歩)



コメント

No title

すごい活動量にビックリ、さぞお疲れでしょう。
19日はついて行けるかどうか、心配になってきました。

総理の演説も聴けたとは!!琴似の駅ですか?

No title

小樽の風景、懐かしく拝見いたしました。

ですがっ。3枚目からはびっくりの連続。
だいぶ前ですが、同じ場所を歩いているはずなのに・・・記憶にない素敵な場所!場所!。
ステキな旅だったのですね。

pirokoさま

今晩は! 1年ぶりの小樽散歩の参加です。
見所が多く、いつ行っても新鮮です。

安倍総理の遊説はおっしゃるとおり琴似駅です。
黒のスーツ姿と警察官の警備が多いのも驚きでした。
演説内容も少し聞くことも出来。北朝鮮問題など核心に触れた話も聞けました。
22日の投票日には行きましょう。

harumamaさま

今晩は! 
小樽もいろいろな路があり、案内していただかないとよくわかりません。
観光客が訪れる街中より小樽の繁栄した時代を回想しながら
歴史を辿ることもいいものですね。
毎年コースが違うので何度参加しても飽きることがありません。
いつかご一緒できると良いですね。

拍手に感謝です。

拍手は励みになります。
のんびりマイペースで楽しいブログを心がけていますので、
今後もご支援よろしくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ooruri

Author:ooruri
幸運が舞い降りたようにオオルリが
玄関先にチョコンと・・・。
歳を重ねると下を見て歩きがち,
七色の雲(彩雲)を求め、
高い空を見上げ探したいのです。

カテゴリ