記事一覧

南半球世界一周の旅-7日目 「ケープタウンの旅」-7 (2017.2.21)


20170221観光コース

ケープ半島の南部は77,5K㎡の広大な自然保護区になっています。

念願の喜望峰にやって来ました。

20170221DSC01812.jpg

20170221DSC01799.jpg

1,488年 ポルトガル人のバーソロミュー・デイアスが喜望峰に到着。

難破する船が多かったこの岬は「嵐の岬」と名付けられました。

その後、ヴァス・コ・ダ・ガマがここを通ってインド航路を開拓。

ポルトガル国王ジョアン2世はこれを記念してポルトガルに希望を与えると

「希望の岬」と命名、後に「喜望峰」となりました。

20170221DSC01807.jpg

「アフリカ大陸の最南西端」と書かれた看板の前で記念撮影。

撮影をするために順番待ち、なかなかお気に入りアングルで撮影ができません。

20170221DSC01806.jpg

20170221DSC01794.jpg

s20170221DSC01827.jpg

バスで移動、ケープポイントにフニクラに乗って展望台へ。

20170221DSC01831.jpg

20170221DSC01834.jpg

20170221DSC01839.jpg

20170221DSC01847.jpg

20170221DSC01850.jpg

20170221DSC01851.jpg

20170221DSC01852.jpg

20170221DSC01861.jpg

20170221DSC01862.jpg

20170221DSC01868.jpg

↑ 大きなアロエがたくさん茂っていました。(↓ 左下)

20170221DSC01870.jpg

灯台まで123段の階段を登ると、地平線がどこまでも広がり地球の丸さを実感しました。

まさに雄大な海の眺めは絶景かな~!

ゆっくり感動に浸っていたいところでしたが、猛烈な強風にあおられ早々に離れました。

20170221DSC01869.jpg

灯台の中は歴史を物語るパネルが沢山展示されておりました。

20170221sDSC01874.jpg

20170221DSC01872.jpg

20170221DSC01873.jpg

20170221DSC01879.jpg

20170221DSC01883.jpg

20170221DSC01886.jpg

ケープタウンの土産切手DSC03528_edited-1
喜望峰灯台の売店で、記念にお気に入りペンダントを見つけました。

20170221sDSC01875.jpg

多くの難破船、どれだけの人命が犠牲になったことでしょう。

s20170221DSC01878.jpg

20170221DSC01895.jpg

20170221DSC01896.jpg

20170221DSC01898.jpg

勇者のパラグライダーもこの強風では無理でしょう。

20170221DSC01900.jpg

20170221mDSC01799.jpg

ちなみに、この喜望峰はアフリカ大陸の最南端ではなくて、

実際にはアフリカ大陸の最南西端に位置しています。

最南端は喜望峰からおよそ150キロメートル南東にあたるアグラス岬なのです。


 喜望峰の座標   ー南緯34度21分29秒 東経18度28分19秒 
 
アグラス岬の座標ー南緯34度50分00秒 東経20度00分09.15秒



この日は朝から盛りだくさんの観光コースを巡り、再びザ・テーブルベイホテルに戻りました。


コメント

喜望峰

アフリカの地図を見ながら、喜望峰とはどんなところでなぜ「喜望峰」と云うのだろうと何時も思っていましたが、ようやくその謎が解けました。
実際にそこに立ったooruriさん素晴らしいです。

Re:喜望峰

pirokoさま、まだまだ暑さは続きますがご自愛下さいね。

アフリカは興味ある大陸で、今頃アフリカ関係の本を借りてきて読んでおります。
出かける前にしっかり勉強していれば、観光スタイルと思考回路も豊かになったかもしれません。
私にとって新鮮でかつ深刻な大陸であることを思い知らされています。

以前ご一緒したH先生ご夫妻の講演内容が少しずつですが理解できるようになりました。
まだまだ勉強が足りませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ooruri

Author:ooruri
幸運が舞い降りたようにオオルリが
玄関先にチョコンと・・・。
歳を重ねると下を見て歩きがち,
七色の雲(彩雲)を求め、
高い空を見上げ探したいのです。

カテゴリ