記事一覧

南半球世界一周の旅-7日目 「ケープタウンの観光」-2 (2017.2.21)


ケープタウンの2月は乾季。この日、添乗員さんの予報は8℃~33℃晴れでした。

前夜遅くにホテル到着時も猛烈な風、この日は風速70mの予測ありとガイドさんからの報告。

午前中はケープタウンのロープウエイに搭乗して、ケープタウンの街全景を眺める予定です。

強風でロープウエイがストップすれば行程が危ぶまれました。

この半島は大西洋とインド洋の海流が交差し、強い風をしばしば受ける地形なのです。

ケープタウン西の海は北から流れてくる寒流 のベンゲラ海流と、

東から流れてくる暖流のモザンビーク海流とが合流する潮目であるようです。

2017022181306024014132[1]

↑ インターネット検索画像を拝借しました。


2017221DSC05510.jpg

部屋のテレビは7時47分時点の天候表示です。

20170221sDSC05496.jpg

20170221DSC05490.jpg

ホテルのキャラクター「アシカのオスカー」銅像の大きいこと。


テーブルマウンテンロープウエイまでの地図JPG

ホテルを8時30分早めの出発、ハウト湾を眺めながら景勝ドライブです。

ザ・テーブルベイホテルからロープウエイまでのロードマップです。

20170221DSC05523.jpg

20170221DSC01474.jpg

20170221DSC01475.jpg

ここがアフリカであることを忘れてしまいそうな美しい空とコバルトブルーの海でした。

20170221DSC01485.jpg

20170221DSC01490.jpg

ライオンズヘッド(標高669m)が雄々しい姿を見せていました。

20170221DSC01496.jpg

20170221DSC05528_20170620121614176.jpg

あの険しい岩盤の上を目指し、ロープウエイで上昇します。

20170221DSC01507.jpg

20170221DSC01524.jpg

ドライブ中ガイドさんの計らいで、ロープウエイが運行していることを知ると、

急遽先にロープウエイへ、ところがこの長い行列。

強風が吹くといつストップするかわからないのです。

心配された風も止み、スムーズにロープウエイに乗ることもでき、ラッキーなメンバーでした。


20170221DSC01500_20170620141552b2e.jpg

ロープウエイの乗降車付近から望む、ケープタウンの街並みが絶景でした。

20170221DSC01504.jpg

20170221DSC01505.jpg



コメント

No title

写真がとても綺麗です。
ロープウェイから見た景色は素晴らしいでしょう!
ライオンヘッドはほんとにライオンが寝そべっている姿です。大陸の先端に私は立ちましたが、ゴツゴツした岩場歩きは怖かった記憶があります。インド洋と太西洋両方見れるのですから感動ですよね。

コマクサさま

ブログ訪問ありがとうございます。

旅ブログ小休止が多すぎて、ケープタウンのロープウエイで
頂上までなかなか行けません。近々アップしますね。

コマクサさまもあの絶景をご覧になったのですね。格別の感動でしたよね。

またあの大きなロックガーデンの花ばなが世界各国に種がめぐり、
この地が原種とは我が家の花もよくぞ遠い国からコンニチワと挨拶したいです。

見慣れた花ばながあの強風の地に耐え、咲きほころんでいる情景に
感銘を受けました。

ooruriも日々頑張らなくちゃ・・です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ooruri

Author:ooruri
幸運が舞い降りたようにオオルリが
玄関先にチョコンと・・・。
歳を重ねると下を見て歩きがち,
七色の雲(彩雲)を求め、
高い空を見上げ探したいのです。

カテゴリ